Vol.2 民泊が注目される理由

こんにちは。営業部の山口です。

民泊が注目される背景の一つに訪日外国人の急増が挙げられます。
2007年の訪日外国人旅行者は834万人でしたが、10年後の2017年には2,000万人以上も増加し、2,870万人まで急拡大。さらに、政府は2020年に日本を訪れる外国人旅行者を4,000万人にするとの観光立国推進基本計画を閣議決定。

2020年といえば、ご存知の通り、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。外国人のみならず、多くの日本人も全国から東京に集まってくることが確実視されています。

そこで懸念されるのが、旅行者を受け入れるホテルが不足することです。昨今、東京都内を中心にホテルの開業ラッシュが相次いでいますが、それと同時に民間の空いているスペースを有効活用しようという流れで民泊が注目されるようになりました。

最近では、様々な異業種企業が、民泊マンションの開発・運営に取り組むなど、民泊需要も盛り上がっています。弊社にも、民泊対応型賃貸住宅を計画しているので相談に乗ってほしいとの問い合わせが複数寄せられています。