型枠を施工中です(産学官研究施設)

こんにちは、今日からダウンジャケットを解禁した営業アシスタントの嵩下です。
日増しに寒くなっております。
体温が下がると、免疫力も低下するそうです。
温かい恰好や飲み物で体温を下げないようにお気を付け下さい。

さて、本日は「仮称 新川崎地区産学官共同研究施設研究棟 新築工事」の進捗状況をご紹介いたします。
現在、現場では2階スラブ(床と梁)の配筋が終わったところです。
2011年11月19日
現場場内の作業スペースで、2階スラブ(床)の型枠を組み立てています。
型枠を抑える鋼管も一緒に組んでいきます。

2011年11月19日
こちらの現場は広いため、作業環境の良い1階で先に2階の梁とスラブの型枠を組み立てた後、クレーン車を利用して組み立てた型枠を荷揚げしていきます。
作業性が向上するので工期短縮が可能となります。
また高所作業が少なくなるので、安全というメリットもあります。

2011年11月19日
組み立てた型枠を据え付けます。

2011年11月25日
2階スラブの配筋と、設計監理者による配筋検査の様子です。