Vol.14 賃貸併用住宅のトラブルについて⑥

こんにちは。営業部の山口です。

騒音対策といえば、つい床ばかりに目が行きますが、天井や壁はどうでしょうか?
入居したアパートやマンションで、上の階の足音や物音が気になるという話は枚挙にいとまがありません。

このため、少しでも生活音が聞こえなくなるよう、自ら防音対策を施す人がいます。
具体的には、自分の部屋の天井や壁に遮音シートを貼りつけるというものです。インターネットで検索すると、日曜大工(DIY)で、天井や壁に遮音シートを貼った結果、他の部屋から聞こえてくる生活音が和らいだという記事が見受けられます。

他方、遮音シートを貼った程度では効果はまったく期待できないという専門家の意見もあります。

いずれが正しいのか、真偽のほどは分かりませんが、入居後に何らかの対策を講じようと試みても、現実的にはかなり難しいと思われます。

その一つに見栄えの問題があります。壁や天井に遮音シートが貼ってある部屋というのは景観上、あまり良いものではありません。

入居者に末永く住んでもらうためには、事前の対策が必要不可欠であることを今一度、肝に銘じるべきです。

賃貸併用住宅について、詳しくはこちら